バイク

教習所生活 (普通自動二輪)7、8時間目

7、8時間目は検定に向かってきっちりとTIMEを測って合格基準に調整していきます。急制動は前回心に焼き付けた「ギアギアギアギア落とすな」を呟きながら行くことでなんとかうまく行った感じです。スラロームは6秒台、一本橋は8秒台ですのでいい感じになってきました。

今回は車教習の人たちがかなり多くてコース上での優先や一時停止等がてんこもりになり、なかなか難しかったです。特に車のほうが優先道路にいつつも、よく見たら運転席から先いって先いってというジェスチャーやってたりで、この場合行っていいのか、車の運転者が間違っているのかの判断が難しかったです。

全体的には小型ATで言われていた指示器の出してから3秒後の素早い右寄せ等がだいぶ遅れているようです、一応は右折の場合は30m手前で右端によるようにしないといけないようで(コースが狭いから実際はむりなのですが)指示器を早めにだし早めに右寄りという事をもっと意識しないといけないようです。

8時間目の見極めは緊張しましたが30分の時点で見極めはOKなので後は自主練習してくださいとの事でホッとしました。一番苦手な急制動でのギアチェンジをしないように癖つけるため、そこを重点的に回ってみました。次は検定です、1回で通って普通自動二輪をサクッと手に入れるぞおおお!!

教習所生活(普通自動二輪)卒業検定に進む

URL
TBURL

記事へのコメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top