バイク

日光に弱いスマホに鉄壁ガード作戦が遂に成功か

売れてなかったのかボロボロのタグを付けたあるブツを発見した!

YES かったった

150816_00
タナックスから出ているもののようだ、こんなのがあったなんてイメージ通り!

二割引きだったのでつい買ってしまった

でもこのままでは使えない・・使おうとおもえばタンクの前あたりに設置して使えるかもしれないけれど、タンクカバーにタンクバッグを付けているとスペース的にちょっと無理がある。そもそもトレーサーのタンクの前の方も磁石でくっつかないのだ。

ハンドルと干渉するしタンクバックの向こうなので覗きこまないと見えなさそうだ。

いまスマホに使っているRAMシステムのホルダーにむりくり設置するしかない。

150816_01
改造手術を施す。ここに丸く穴をあけてRAMを突き出せばいいんじゃないか。

ここを切ろうと思ったのはスマホは防水なので剥き出しにしておきたかったからだ。自転車の時もこういったクリアシートが付いている物を買って使ってたのだけれど、この上から操作しても誤動作して使い辛かったんですよね。

よってチョキチョキと穴を開けてしまう。(しかも台所バサミで)

150816_02
よし、これで どや!!

思った以上に前に出てきちゃったな・・・、、しかも触るとゆるゆる・・。やっぱりジッパーで開くケースの中にスマホが収まっていないとダメだろう。

しかたあるまい、私の繊細な工作スキルを駆使してそれを可能にしてみよう・・かッ

150816_03
このへんやな、このへん、このへん開けたらいいんや、ズブッ!
150816_04
必死でコジ開けようとするも、こいつ磁力触手で必死に抵抗してくる・・私の武器が磁力によって思うように扱えない!こいつ強い。
150816_05
ザコだった
150816_06
なかなか収まりがいいんじゃないかな!
150816_07
これで携帯を挟んでみたら、思った以上にすごくいい感じになってる。

スマホは手袋でも操作していたのだけれど、やっぱり指先がデカイので変な所ばっかりクリックしてしまって使い物になりませんでした、なのでペン状の入力するもの買ってぶらさげて、それを使って入力するようにしたらイライラする事もなくいい感じに使えました。ペン最高デス。

150816_08
さっそくTRACERに設置してみた。いい感じにうまく付いた。手で触ってもグラグラしない。

ん? ちょっと待って、これ100均の野球帽みたいなのでもつくれたやもしれないな。

150816_09
磁石触手があなたのハートを完全ホールド

使用方法を完全に間違えてるかもしれないが、熱で見えなくなってしまうよりいい。こういうふうに表に出さずにタンクバックやポケットの中に仕舞いこんで音声だけでナビする方法もあるけれど、でもそれは寂しいじゃないですか。

せっかく付けたので試運転と思いましたが、作業疲れ&日も陰ってきていたので見送りです。次は灼熱の下でテストしてみようかと思います。

URL
TBURL

記事へのコメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top