バイク

三田にある山獲というマタギチックなワイルドな蕎麦屋

週末にバイクにのって木器亭という美味しい定食屋さんにプチツーに行ったんです

そこは豊中から約1時間程の所で近くて、海鮮物が安いので(山の中なのに!)休日にロードバイクで走っている時よく利用してました。そういえば確か以前に行った時の記事があったかもです。

この日は朝ごはんを食べてなかったので既にハラペコモードが炸裂しておったんです。
「中トロ、中トロォォッォ、中トロ定食を食べたいんやぁぁ お腹へったぁぁ たべるぞおおおお・・・・」
って思ってたんですが。

160409-01
私の心のなかの何かがトロトロに溶け落ちてしまいました
仕方ないのでその場でグッグル先生に聞いてみると蕎麦屋さんがあるじゃないか

そのナは「山獲」! ん、さんかくか、いってみるか!(やまどりだった@赤面)地図をみると木器亭の直ぐ近くなのでここでいいやな。お腹すいてるしね。

細い道を駆け上がっていくと古い家屋が見えてきました。小さいお店と思っていましたが結構大きい?それに駐車場も大きい(舗装されてないですが)。木器亭から2分程度の所にあります。

160409-02
たっぷりある駐車場にトレーサーを停める。横にはこちらのお店の方のかな?乗ってる車がワイルドですね。と思っていましたが、廃車ジープのようで中は倉庫に使われていました。
バイクで山獲に行ってきた
こちらが山獲です。ワイルドです。

 

山獲の何がワイルドって言えば
160409-04
左手を見るとケモノが居るんです。二度見してもイノシシです。
160409-05
チラ見しても穴熊いるんです(タヌキと思ってましたが)熊か!さてはここはマタギの店なのか。

 

こちらが山獲の門構え
160409-06
山獲の正面入口です、それにお客さん多い!実は有名なのかもしれない。名前を書いてひたすら待ちます。
160409-07
中に入ると目につくもの目につく物が色々と田舎アイテムで溢れかえっております。ふぁっ!?ピアノ?
160409-08
案内されて早速メニューをば。室内をとるの忘れましたが椅子はなく地べたにすわって囲炉裏を囲む系のお店。メニューの後ろの方には「ジビエ」とかいてありボタン鍋とかイノシシ焼いて食べるとか色々とかいてある。 はっ!?まさか、あの簡易動物園と思っていたケモノ・・まてまて、まさかあの簡易動物園とおもっていたケモノ達は、、アッもしかしてあのk
160409-09
考えないようにして、出てきた蕎麦のフライをいただく。うまい。
160409-10
頼んだ麦とろセットが出てきました。黒いです。そば黒いです。わさびも本物がでてきました。この山芋も濃いです。食べ方は蕎麦を塩かつゆでいくそうだ。
160409-11
黒いですな・・食べるとアレです、ワイルドな味です。(ワイルド言いたいだけじゃないです)んーこれは美味しいんだな(もっかい来るぞと誓う)。チラッと他の客席みるとジビエをやってる所もちらほら、肉を焼くいい匂いがしてきますよ!!今度はそっち食べてみたいぞっと。あっ
160409-12
これはなんだろう、なんか引っ掛けて中でやくのかなー
160409-13
この上に網が置かれて肉を焼いて食べますねん。
160409-14
大将が蕎麦うってます(山で鉄砲もうってます)的な。そうそう注文して待っている間に本があったので読んでたのですが、ここの事が載っていました。「猪肉は臭くないんや皆しらんのんや、仕留め方やしめる方法g」「ならお前がやってみー(r」的な流れでこの店を始めたそうな。ワイルドやな。

 

よくよくあのオリを確かめてみると

支払いを済ませ外にでて、もう一度あのケモノ達の所に寄ってみるとオリの上のほうに取ってつけたような文面がはってまして「この子たちは3月に山に返します」との事だった。

ホッと心をなでおろすも、二度見してみると、その書いてある文字は消えかかっている・・更に古臭いわで、とうてい最近書いたものではない。はっ!?そういえばもう4月やでおいおい!。

真相は闇の中においておいて(触れないようにして)帰る事にしよう。

あっ

160409-15
バイクのほうに向かうと おいおいワイルドやな。どこまで期待を裏切らんのや。

 

そうだった、伝え忘れたワイルドなもう一つのワイルド

この店に立ち寄る事があれば、又、私も行ってみようかな思った方がいれば、必ずトイレに行って見て欲しい。絶対にだ!約束だぞ!。

色々と満足したので帰路につく

ん、大満足・・木器亭が閉まってて良かったんな、本当に。結果良しだよ。

160409-16
帰り道、桜が綺麗でした。この時期は山々が綺麗。
160409-17
深い闇に囚われそうな所をこの桜達に救われる

 

ふー、本日も楽しかったです。 次はまた何処にいこうか!

あった

URL
TBURL

記事へのコメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top