バイク

MT-09 Tracerで九州ツーリング④

気持ちいい朝と筋肉痛
突き抜けるような青空と鹿児島が広がる、いやあいい景色だ

先日とうって変わって快晴!窓から見る風景も晴れやか!心も!なのだが、マジスカ全身筋肉痛!

いかに日々運動していないか体は正直だった、たった二日走るだけでこんなになるものなのか。

休憩する時にバイクを取り回していただけのような・・だけな気がするんだが?

この日は結構距離を走る予定を立ててて大丈夫だろうか。

 

本日の霧島~高千穂ルート


距離にすると183kmだけれど、山道を通るので時間的に4時間20分もかかってしまう。

グーグルナビの到着予想時間は結構正確なんだけど、予想時間通りに走り終えられるのって1~2時間以内のルートに限る(笑)

私は何回も休憩するに決まってる!

 

高千穂に抜けるまでの道は超快適で景色も最高

不動池

 

信号ほぼ無し

雨無し(重要)

車少なし

ただただ爽快

気持ちよし

ここは天国か

いや九州だった3気筒がうなる(うなるとは言っていない)。常に3000回転くらいで走っていたかも。2速3速で走るとやっぱりギクシャクもあるので、ゆったりタンデム低回転走行。

 

良い感じのループ橋

県道1号線を北上し、小林市をかすめて、えびの市を通過し、国道221号に入るとえびのループ橋、人吉ループ橋がまっています。

Googleマップ

ここ本当に気持ちよくて最高。カーブはグルービングされているけれど、私は白線と道路の幅だけ見てたらあんまり気にならなくてハンドルとられるとかも感じないです。

綺麗な空模様に快適な道

なんかむしろ横に滑らずグリップしてくれている気がしてタイヤすぐ無くなりそうな予感はする。

 

ついに夏目友人帳聖地の人吉に入る

ごめんよ、にゃんこ先生、ここは通過しただけ。本当は泊まったり観光したりしたかったのだけれど、日程や時間的なアレもあって通り抜けていくしかない。

人吉市からは国道445を使い五木村を抜けていくルートをとります。

 

信号が無いという甘い罠

五木村に向かっている最中、私は九州に入ってから事ある度に「道に信号ないので快適!素晴らしい!最高!」とか言ってましたね。

あれは本当で嘘だ

あまりに信号がない為にずっと座っていて足も固定状態、足が短いものだからシートに太ももが沿わず、シートの角で若干太ももが斜めに乗ってる感じになってるので血が止まるのかな?お尻も痛くなってきた感。

信号、信号プリーズ、ギブミー

信号で止まると、足を着くので足入れ替えたり立ってる状態になる。それを定期的に繰り返してるだけで、足もお尻も凄く楽だったのだなぁとはっきりわかんだね。

立って乗ったり、立ち乗りしながらクレヨンしんちゃん的なお尻の動きをさせたりするも、んーやっぱ楽にならない、なんか違う。

と言うことで木陰で一時休憩。

信号が無かった事による副産物 奇跡の一枚 TRACERカコイイ

 

ようやく五木村に到着

道の駅もあり、バイクもそこそこ通っていて、いろいろと頑張っている感があった。建物も綺麗だったしね。

ここはバンジーも出来るらしくてやってみたいと思ったけど、ちょっと高かったかなw。

近場の人ならこのあたりのツーリング楽しいだろうなーって思いました。

無理矢理感がじわじわくる あまり見たこと無い食材

 

地獄の始まり


残り50kmほどですし当初の予定どおり445号を突き進む事にした。

(今思うと五木村を出発し直ぐ左折れできる県道25号線に入っていればかなり楽だったのかもしれない)

445を進むと道は少しずつ細くなってきました、更に熊本震災の影響と先週からの大雨のせいか山から湧きだした雨水が道を横切るように勢いよく流れていて、ころがってる石もドンドン増えてくるのだ。

後ろに座ってる相方も口数少なくキツそうだった(後で聞いたら半分寝てたの事だが)。

運転楽しいんだけどタンデムだからより慎重になりますね。対向車来るかもでスピードは出せない、加減速も多め、ブラインドコーナー、なにより予想外のケツ痛!

 

ようやく国道445号を抜け

高千穂に到着、TRACERは姿勢よく乗れてハンドル位置が高いので少しは楽でありますが、SSバイクとかだと腰も腕も相当ヤバいんだろうなあと思った。ここでは国見ヶ丘荘という民宿に泊まります

国見ケ丘荘

小さい部屋をとっていたのですが、熊本震災で国のお役所のなんちゃらで調査か建設の方達がこちらに長期滞在しているようで、一番大きな部屋に移動させてくれました(せっかく空いているし、小さい方は隣同士になってるので、うるさいやろうからって事でして)ありがとう御座います。

バイクは左隣の本家?の屋根の下に置かせて貰えました。

女将さんがほぼ全部をこなしているのかな?。夕食は台所の隣の部屋でみんなで食べます。ご主人も一緒の場所に食べにこられてました。

最近写真が趣味と言うご主人、国見ヶ丘は早朝に雲海が見られるという事で自分で撮った写真をいっぱい見せてくれました。民宿楽しかったです。

 

高千穂神社の高千穂神楽に行く

高千穂神社には車で送り迎えしてくれるそうなのですが、バイクでいきました。

高千穂神楽では33ある神楽のなかの代表的な4つを見せて貰えます。(全部見られるものは11月頃から始まる夜神楽

最後の舞ではイザナギは浮気ばかりして観客の女性に抱きつきまくるという所がある、

これはセクハラではないですから!と先に念を押しながら説明してたのが、ああそういえば最近は世知辛い世の中だったよなと、大変そうだと笑ってしまいました。

高千穂神楽の舞 イザナギスケベ神降臨

 

高千穂峡のライトアップ

舞も終わり、疲れはMAXですが高千穂峡のライトアップもあるという事で向かいます。

この辺りは照明も少なく道は真っ暗で九十九折りの曲がりくねった道で正直前見えないw。スピードや角度に合わせて曲がり角先まで照らしてくれるヘッドライトって発明できないものなのかな!?

やるきかよ
静かに音だけ響きとても綺麗でした

この日は天気も良く日差しも強かったのでジンワリと体も焼けていて火照っていて、布団に入って一回目を閉じるだけで意識を無くしてしまいました。

次の日の19日は早起きして国見ヶ丘の雲海がみられるか向かいます。そこから阿蘇界隈をぬけ、温泉地として一番楽しみにしていた黒川温泉へ向かいます。

(続く)

MT-09 Tracerで九州ツーリング⑤

URL
TBURL

記事へのコメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top