バイク

BMW R1200GS 試乗してみた

前回は見ただけで試乗しなかった

他のバイクに乗ると欲しい欲しい欲がヤバイかなと思って乗ってなかったのだけれど、朝から家を追い出されて夕方まで時間つぶししなくちゃダメになったので、むしゃくしゃして手袋持参で突入した。

実は前回乗らなかったのは手袋持って来て無かったのもある。どうもハンドルカバーを付けると素手で気軽に乗ってしまうというヤバイ癖が付いている。

日曜はめちゃくちゃ暑かったにも関わらず、ハンドルカバーが日光遮ってくれて手は熱くなかった(黒のジャケットやパンツは日光ですごく熱かった)これ真夏でもイケるんではと、ちょっと期待に胸を踊らせている。

ついにR1200GSを試乗してみた

日曜はBMWディーラー大賑わいで凄くお客さんがいた。こんな忙しそうな時に悪いなあと思いつつも、行く当てないのでやっぱ試乗する。待ってる間もGS、RT、nineTユーザーが間髪無しにガンガンやってくる、んーすげえ。

ともかく、最終到達地と言われる1台にgsがあり、乗り心地も気になっておりました。それに前回書いた最低地上高の誘惑がありまして、これがジワジワとボデーに効いとる。乗ってみたい。

二台ならべてみた

本当は維持とかも考えて他の国内車種を優先で見てた所あるのですが、純正モデルの車高を下げずにアドベンチャー系で足が着くのは外車のGSかTIGERという二択になりつつあります。

色々説明を受けて試乗出発であります

どきどきするんじゃい。

もしも用にK&Hのローシートを付けて貰う

足つき具合はローシート付けて貰うと母指球。純正シートだとつま先くらい。共に跨いでからの引き起こしは問題なく出来た!どちらでも乗れそう。

エンジン始動音、んー素晴らしい!キュキュルボボンボン!発進はクラッチ軽すぎてあまり感じが分からなかったが、走り出してアクセルを開け閉めして「なんじゃいこの安定感」違うぞ!

意識してアクセル回しみたけどエンジンはマイルドな感じがする、加速感はフラット、気づけばスピード出てる感じ。回すとトレーサーのほうが元気でレスポンス&キビキビ感も圧倒的にあると思う。

たぶん同じようなの求めるならS1000XRやTigerExplorerの方になるんだろうと勝手に思っている(乗ってもないのにな)

トレーサー感

停車ではGSのブレーキかけた後の揺り戻しのドッタンバッタン大騒ぎが無いのはいいね。ロードバイクみたいにカッチリ止まってくれる。

ロードバイクで急ブレーキしたら重心変えない限りはケツが上がって前転してしまうけど、そんな状態になる前にABS効いて逃してくれるのだろうね。

あとバンプ超えても全体的な乗り心地がいい。コーナーリング中もアクセル開けてもブレーキしても車体が安定してる。いいぞGSたん!これハンドル手前にしてもっと楽に乗ってみたい、それかもう少しハンドルを狭く。

逆にいえば、加減速では、慣性で車体が大きく前後に挙動するトレーサーの方が乗り物感があって楽しいのかも、その代わり疲れるのかな~。

特に感動したとこ
  • 低速でも直進安定性ある
  • 停止寸前のノーズダイブ抑止機能がとても楽
  • 1速いれる時のショックがやさしい
  • コーナ中の安心感。
違和感あるとこ
  • 思った以上にステップとシフトが前方にある
  • ウインカースイッチの位置が親指届かなくね?
  • シフトペダルが靴の関係か超つま先の位置(改善可)
  • ミラー小せえ!(改善可)
あらやだ高い
色は通常の白か黒がいいな

今回のモデルから、日本仕様はギアアシストプロとかてんこ盛り標準装備されていて「ゲルマンにお金を吸い取られる図」感は否めませんが「ん?どうせ君たち好きなんだろう?」と見透かされてて、何も言えない。値段はフルパニア付けてガードやら込み込みで怒濤の280万円也。

R1200GSは普通に乗って1年4万キロの10年40万キロ走るいう想定基準みたいなので(電装は別やろな!)10年乗るならいいのか、果たしてどう捉えるべきか。

乗り終えてTRACERで帰る

んー、自分のバイクの圧倒的安心感、やっぱ試乗は緊張するなあ。欲をいえばs1000XRにもr1200RSもr1200GTにもnineTも後日乗ってみたいけれど、倒して色々とわやになってしまうのも恐ろしや。次はアドベンチャーをいったん忘れてCB1100試乗できる所でも探してみようかな~。

URL
TBURL

記事へのコメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top