Toggle

自転車

フレキシブルガイドパイプからの反撃

DSC_0062

先日取り付けた後ろ側のフレキシブルなガイドパイプですが優しい曲がり具合にした所、自転車にのったときに内モモに激しくチャージしてくるので、痛いです、とても痛いです。

この痛みに耐えかねて何か対策しようと思うのですが、黒いアウターチューブ部分を少し短くして無理やりこの下の赤い図のようにギチギチにもってくるしかない・・

DSC_00622

これだけ引っ張るとパイプの曲がり部分がかなり鋭角になりそうで大丈夫なのかなぁ・・と少々心配でもあります。

もしキツくてダメな場合、やり直そうと思えば余ったアウターチューブが必要ですが、そんなのコレを取り付けた日にゴミ収集車にもっていかれてました。

他の手としては、結束バンド等を使いフレーム側に上に起こして固定するかになりそうです。

そうそう、新しくなった神聖エスケープR3ですが、ブレーキの具合はいい感じです! 某インプレっぽくすれば、スーッと手を添えればグイグイ止まる感じでしょうか・・な~んて。

いや、しょうみこまけえこたぁよく分かりません。

確実に言えるのは、新品のシューでも前ブレーキひいた時にシューとリムからゴゴゴゴッゴゴンゴとかいってたのが無くなり、ロードバイクのキャリパーブレーキのように無音になった事が気分良いです。

このロードホイールの前に使ってた純正のリムなんて横から見ると凸凹に削れていましたからw。

とても満足!

URL
TBURL

記事へのコメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top