雑記

贅沢旅行計画-決定

sec01_img01_02
カニくってお風呂

 

12月の後半に行くことに決定。


  決定 旅館名 地域 売り
一日目 決定 炭平 丹後半島 間人活カニ!カニ!
二日目 決定 ゆとう屋 城崎温泉 老舗!皇室!


遠くの有名な旅館等も前回に考えたのですが、交通費を削って中身を潤わせ楽ちんに行こうとなりました。更には季節は冬、結局カニかい!という事でこうなっちゃいました。

今までは一泊二日の安いツアーでカニ旅行に何回か行ってましたが、ツアーだと帰りのバス時間も指定され、慌ただしいですし、なんかホントにゆっくり出来ません。行き帰りのバスの停留所は提携業者のカバン工場ですし・・カバンとかいらない・・、旅行というよりも、カニ食いに行って明くる日に帰るみたいでしたので二泊三日としました。

一日目は丹後、二日目は城崎。丹後から城崎までは1時間で、二日目をまるまる観光に使えます、それに外風呂が7箇所もあるようですので、ゆっくり風呂に入り、ゆっくりとおみやげ選んだり、観光もいろいろと出来そうです。

目下の問題はこんな高級そうな旅館に泊まる事そのものでして、小市民の私達は挙動不審になる事まちがいなし・・あらゆるサービスに対して恐縮して「あ、いえいえお気になさらず」と言ってしまいそうであります。

身近で例えるならお鍋に色々入れてくれたりする所で、お互いの会話が止まり・・シーン・・みたいな・・。これは高級ブランドがずらっと立ち並ぶ高級百貨店でも同じフインキを感じられるかと思われます。

うう、楽しみでもあり不安でもあります。

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ぶっちゃけ、城崎のお湯は湯温が高いのです。
    なので7つ巡るためには、サッと入りサッと出る。これに限ります。
    冬なので湯冷めもアレですけど、ゆとうやですし、奥の鴻の湯からが良いかと。そしてホテルのプランにもよりますが、入り放題のチケは16時からで当日だったと記憶してます。
    なのでしっかりあったまると7湯制覇はしんどいですね。
    オススメは鴻の湯
    風情を感じたいなら柳湯、新しくて変わった見た目ならさとの湯でございます。
    射的とスマートボールとゆで卵と城崎ジェラートは是非!
    そして色浴衣もお忘れなく。
    朝から行商のおばさんいてるけど、お土産に買うには高いので、写真に収めるが吉。
    ぼくへのおみやげは、「はたはた」がよろしいかと。城崎地内におけしょう鮮魚てのがあるのでそこで買うが良いと思います。
    お二階でもお食事可能なので、是非に。
    奥まったところの湯楽近くで朝市あるけどオススメはしないっす。

    • おおぅ!こんな所にAllAboutかと思ったらしじまさん。超参考にさせてもらいます!。7制覇ははやらないよ!あっしはお風呂自体カラスの行水ですしね・・。1~2時間を半湯できる人がすごすぎる(PCを風呂にもっていけば出来ないことはない)。

記事へのコメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top