バイク

MT-09 Tracerで九州ツーリング⑥

よく寝て、朝風呂&朝食を頂きました
軽めの朝食です
九重夢大吊橋へ

阿蘇、九重、湯布院までは色々と行きたい所が沢山あったのですが、今日は生憎の雨模様。やだな。冷たい温泉とか、湧き水な所とか行きたかった。

でも、途中で雨がくるより、走り出す前から雨のほうがレインウェアを着込めるからいいんじゃい!と自分に洗脳しての出発です。

日田市に向かう最中に橋があるみたいでちょっと寄ります。

わわわわわわが関西には谷瀬の吊り橋というのがあるのだ。日本一ィィの所を見たんだしやっぱり行かなくてもいいかな。

雨やらモヤやら雨雲やら青空やらどうなるの!

吊り橋 来ちゃった。

霧がでていて幻想的

 

なかなか壮大じゃないか

ぶっちゃけると景色は圧倒的にこちらの方がいいね!谷瀬の吊り橋は超高い位置にあって揺れまくるけれど、下見たら工事車両てんこ盛りだったりであまり景観が良いとかは言いがたい!

吊り橋からは滝が3つも見えるらしい(水量が多い時)

 

この橋のハンバーガーが有名だそうで、その名も九重夢バーガー!そこそこ美味しかったように思うが頼んだ「シシガー」を一瞬で食べてしまって写真もとっていない、まさに夢のように消えてしまったのだ。

ハンバーガーとコーラーでアメリカンな気分を堪能した頃にはもうすっかり天気も良くなってきていた。晴れ間が出てきた!よし出発だ!

ともかく谷瀬の吊り橋とは比較にならないほど力の入ってる吊り橋だった。

日田市へ向かう

晴れてきたので、動画撮りだした。ちょっとだけぶつ切り一部。

綺麗! 気持ちいい!

こんな快晴はいいですね~、とても気持ちよかったけれど、実はまじ暑い!!

なぜならこんな事になってたようです。

あまりの暑さに何処かでご飯でも食べて休憩しようという事になり、当たりを見回すと想夫恋というお店を見つけたので入ってみる!

焼きそばが有名な所だったみたいだ

後で調べてみるとB級グルメで有名だったみたい。確かに美味しかった。写真は直射日光とか当たりまくりでテーブルの色もおかしいので変な色になってしまったが・・美味しかったのは確かだw。

この日は朝と比べて急激に温度が上昇して本当に暑かったので、もうさっさと宿のほうへ!という事になった。ツーリングしにきたんじゃないのか!?。いやこの暑さは人間を殺しに来ているので仕方が無い。

あとMT-09ってエンジン熱い!局地的に熱風がスネを攻撃してくる。それにこの太陽の熱線!黒いズボンを焼きにきている!なのにあっつ熱の焼きソバまで食べたものだから。360度暑い!!。

さっさと風を切って走るしか無い!暑いw、、暑いの。。暑さでボーッとしてたら、そのうちに滝の案内があった。休憩じゃい。

慈恩の滝

なんか丁度良いところに滝があった。滝の水しぶきもあってかなかなかこのあたり涼しい。幹線道路?沿いに道の駅?が建設中みたいで、まだ施設はオープンしてなかったのだけれど、この滝の為に作っているようだ。

しかもこの滝・・裏にまわれるぞw。 昨日、裏に回れなくて残念だった鍋ヶ滝が我々をここに導いたというのか!?

す、涼しい
凄い水しぶきでずぶ濡れw 気持ちいい
こんな感じで裏に回れる道がある
すぐ近くにバイクもってけるので記念撮影するに決まっている

しかも滝とバイクを見ながらコーヒー飲めるなんて飲むに決まってるやろ
ニヤニヤしながらコーヒーいただく

んー いいね しかもここはあえてHOTをいただく。 足を組んでニヤニヤするためにだ。店の貴婦人曰く今日は水量も多くていい感じだそうです。

慈恩の滝の道の駅は、調べると私たちが行った3日後にオープンしたようだ。

山荘 天水

今日はこちらの宿。なんか入り口が凄い山の中にあって迷路みたいになってて面白かった。

入り口近くには既に店のかたが前に立っていてお出迎えしてくれました。そして誘導してくれたのがこちら。

女将さん専用車庫

女将さんが用事で本日いないようで、その場所にバイクをおかせてくれました。ありがとうございます。

温泉も良かった!
部屋に露天に川が流れ-の 露天風呂はいい感じだーの
滝もありーの 露天風呂の隣は川だったりーの

すごくゆったり出来るところだった

天水の夕食

美味しかった(ボキャブラリー貧困)

温泉は何回もいった

部屋にも露天風呂があって夜中に真っ暗の中でも入りました。

川の音だけ聞こえて後は真っ暗・・

明かり消せばもっとユックリできるかなーと思ったけれど

幽霊が出そうと思ったら怖くなって急いで布団に潜りました。

この日の走ったルートはこちら (16年7月20日)

明日は日田市から湯布院をぬけ別府、ついに大阪に帰える事となります。

(続く)

MT-09 Tracerで九州ツーリング⑦

URL
TBURL

記事へのコメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top