バイク

レバーやタンクカバーの取り付け

今乗っている自転車は自分で組み立てていたので、バイクの方も簡単な所は自分でも出来るんじゃないかとレバーを取り付けてみました。ちょろいちょろい、すぐつくやろー!と思ってましたが実は取り付け作業よりも、この強烈な日差しと暑さが本当の敵でありました。

これを分解していったらいいねん
これを分解していったらいいねん

レバーをどうやって外すか見てみると、六角ナット外すものと、アーレンキーが必要でした。アーレンキーは各種持っていますが、六角ナット外すレンチなんてないで!と思ってましたが、そういえば自転車でペダル外す時に買ったモンキーレンチがあることを思い出して彼に全てを委ねてみました。(ちょっとまて、なんやこの日差し)

この裏側のナットに
この裏側のナットに
このミラーのところと
このミラーのところと
このナックルガードと
このナックルガードも
更にこの裏側のナット。これは取りにくかった。
もう一つナット。これは取りにくかった。
とれたー!
暑いけれど、とれたー!
ついたー!
暑いけれど、ついたー!
カッ カッコエエ
カッ カッコエエええぇええぇ!!
15071205
見にくいけど左と右でレバー違います。 (暑い)

.

モンキーレンチだけでいけるもんですね。ちょっと取りにくい一箇所はありましたが何とかなりました。

取り敢えず一旦ここで終了・・もう滝のような汗がジャブジャブと落ちきてずっと止まらないw・・あれ!?人間ってこんなにも体から水分が出てきたっけ。綿の服を着ている分サウナより酷いんじゃないか!?汗がずっと目に入り込んでくるのでやむなく作業ストップ。はふぅー暑いぃぃ、いや心頭滅却すれば火もまた暑いィィィィィッィ暑いんじゃぁ。

少し休憩した後に右側のブレーキレバーのほうも付けてみましたが、こちらはクラッチレバーよりも簡単ですぐ取り付ける事ができました。実はブレーキレバー取り付ける前にタンクカバーも取り付けてたんですが、浮かれすぎておもいっきり写真を撮るのを忘れていましたよ。

ようやくレバー両方とタンクカバーも付いたので色々写真を撮りたいなと思いましたが、この場所はちょっと狭いのだ(昼間なのに蚊にも喰われたし)そういえばTRACERを買ってから1回も洗車をしてないので、コイン洗車場にでも行こうと出かける用意をするのであった。

長くなったので洗車は次回にでも。

洗車した所のブログが書けました。

URL
TBURL

記事へのコメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top